恋愛と結婚について

自身の恋愛と結婚を考えるための日記。

自分の好みのタイプについて

好みのタイプについて、ちゃんと考えたことはない気がする。

僕は、好きなひとは、ひとりであって、その子の特徴を考えてみる。

 

1)スポーツ系

2)スタイルがいい、けど胸は小さい

3)スカートを履くタイプではない、ジーパンなどのパンツが似合う(ボーイッシュ)

4)お姉さんタイプ

 

という感じになると思う。

芸能人では、飯田圭織さんに似ている。

僕は、好みのタイプを芸能人でいうと、飯田圭織さんになる。

今のアイドルだと、AKB48では、横山由依さんと、須田亜香里さんが好き。

 

ただ、好みのタイプは、いま、どうなってるかっていうと、はっきりしない気もする。

好きな人の特徴の4つは、別に今、そこまでこだわりはない。

なんでもよい。

たまたま惚れた人がそうだった、だけな気もする。

 

多分だけど、お姉さんタイプの人と結婚するのが、本来的には理想な気はする。

芸能人だと、松山ケンイチさんと小雪さんみたいな感じで。

 

これから新しく女性を探していくのなら、

年上かどうかは別として、お姉さんタイプがいいと思う。

しっかりした女性。生活力のある人。

でも、そんなひとが僕を選ぶかどうか・・・。

疑問だな。

 

可愛かったらそれでいいって考えでやってきたけれど、

どうもそれだけでは続かない。

可愛いのは、必要条件。

でも、惚れるということは、可愛いとかそういうこととは次元が違うというか、

超越した文脈を持っている気がする。

個人的には、もう、好きな人と結婚するというルートはもうないと思っている。

その先に、どういった恋愛や結婚があるのか。

 

もう一度、惚れた女性に会う機会を求める必要があるのかもしれない。

ただ、かなり難しいのも事実。

結婚しているかどうかも知らない。

もう、7年も経つし、付き合いもない。

 

理想だけ言うなら、あれだな、

明るくて楽しくて、しっかりした人だな。

そういう人と付き合ってみたい。

 

現実的には、ただただ出会いを求めて、動き回ることしかないだろう。

実際の女性を目の前にして、考えていくしかない。

バカになるしかないんだろう。

ここまで書いてみて、やっぱり結論は、

好みのタイプなんてわかるかよ、ということだった。